大切なことをお伝えくださっているのだな、と、改めて感じ入りました

長崎先生のレッスンレポートとコラムを拝読して気づいたことがあり、
この場をお借りして感謝の気持ちを述べさせていただきたいと思います。

気を散らすことなく息子と向き合い、触れ合える貴重な時間。
息子も回を重ねるごとにお水に慣れ、楽しんでくれているようで
ベビーアクアの日は、私達親子にとって大切なものになっています。

しかし毎回、滑り台からの顔つけの時、泣いてしまう息子。
前回のレッスンの後、先生に「そのうち平気になるものでしょうか?」とお尋ねし
大丈夫ですよ、焦らないで、というお言葉をいただきました。

恥ずかしながら、私はその時も、帰ってコラム(11/18分)を拝読した時も
焦りや、まして「泳げるようにしたいという欲」など
全く持っていないないつもりでおりました。

が、その後なんとなくそのことについて考えていて、ふと
楽しんでほしい、笑ってほしい、できてほしい、できるならできたところを早く見たい…
そういう価値観、「欲」が根底にあり、それを表していた節があることに気づきました。

愛情も、たっぷり持って接しているつもりでしたが、
レッスン中、その愛情を基に、目の前のありのままの息子を見つめ、感じ、
しっかりコミュニケーションを取れていたかというと
少し違ったように思います。

先生は普段あれこれおっしゃいませんが、
親も子もレッスンの中で自然に学んでいける環境をつくってくださり
補足としてレッスン以外での会話、レポート、コラムでも
大切なことをお伝えくださっているのだな、と、改めて感じ入りました。

いつも本当にありがとうございます。

今後も、長崎先生とチームベビーアクアの先生方の元で学ばせていただくことを
ありがたく思い、楽しみにしております。

まずは今期の貴重な残り一回を、息子としっかり向き合って過ごしたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

K.Y.くん(11ヶ月)のお母様から

    コメント


    認証コード2800

    コメントは管理者の承認後に表示されます。